人工甘味料はダイエットの敵?

人工甘味料はダイエットの敵?

暑い季節になると清涼飲料水やアイスクリームなどが欲しくなるものですよね。甘い飲み物や食べ物が欲しくなったりするのですが、甘いモノというと糖分も多いですし、カロリーも高めになるため気になってしまうという人も多いのではないでしょうか?

 

このような心配をしている人がとても多くなりましたので、砂糖不使用やノンカロリーと大きくパッケージに記載されている商品も増えてきました。このようなノンカロリーの商品などであれば大丈夫だと思っている人も多いのではありませんか?このような場合、人工甘味料が配合されているということが多いのですが、人工甘味料はダイエットの敵になりかねないそうです。

 

単純炭水化物に該当している白砂糖は、大量に摂取してしまうと血糖値が高くなってしまいます。この血糖値をさげるためにインスリンが分泌されるようになるのですが、インスリンの働きが強くなってしまうと、高血糖から一転して低血糖になってしまいます。これによって、余計糖分が欲しくなってしまう状況になってしまうのです。

 

低血糖になってしまうと生活習慣病である糖尿病を引き起こしてしまうこともありますし、精神不安定や焦燥感、気だるさなどを感じるようになってしまうこともあります。それに白砂糖は化学物質に分類されていて、中毒性が非常に高く、覚せい剤よりも中毒性が高いという説もあります。