料理で使われている油はどれくらいのカロリー量?

料理で使われている油はどれくらいのカロリー量?

ダイエット実践中の人にとって、油はなるべく摂取したくないものですよね。ですが、実際のところ、いろいろな料理に油が使われていますし、コンビニ弁当や外食だとどれくらいの油が含まれているかわかりませんよね。また、疲労が溜まってしまっていて、脂を使った揚げ物を無性に食べたくなってしまったりするということもあるのではないでしょうか?

 

食べた時の食感はサクサクしていますし、味もとても美味しいのですが、ダイエットをしているのに油を取り込んでしまうとそれだけ摂取カロリーが増えてしまいやすくなってしまいますよね。

 

この油というのは、カロリーが高いというイメージが強いのですが、ダイエット中に口にしてもあまり問題ない油ってあるのか気になりませんか?油にも様々な種類があるのですが、少しでもカロリーが少なくて体にいいものを口にしたいものですよね。ここでは、様々な種類の油とそのカロリーについてお話をしていきたいと思います。そして、どうやってカロリーカットをしていくことが出来るのかについてもご紹介しましょう。

 

まず油を種類別でどれくらいのカロリーになっているのかについてお話をしていきたいと思います。今回は大さじ1杯分と小さじ1杯分それぞれのカロリーをお話しますね。

 

サラダ油
大体の家庭は、コーン油や菜種油などといったサラダ油を料理に使っているのではないかと思います。元々はサラダのドレッシングを作るときに使用する油ということで開発されており、最近はマヨネーズを作るときに用いられることもあります。

 

茶碗一杯分のお米は235kcalとされているのですが、サラダ油の場合、小さじ1杯で36kcal、大さじ1杯分で110kcalとされていますから、結構カロリーが高い事がわかるかと思います。炒め物や肉を焼いたりするとき、あまりサラダ油を使いすぎてしまうと、それだけカロリーも高くなってしまうことになります。